通販で購入する時のポイントについて

グレインフリーのドッグフードは最近色々な場所で販売がされています。基本的にはどこでも購入することが可能ですが、その中でも通販を選ぶ人は多いと言われています。通販と言ってもショップはたくさん存在しているので選び方は重要です。ここでは愛犬にとっていいドッグフードを選ぶためにも通販サイトの選び方について紹介します。

まず、通販を選ぶときにはグレインフリーの種類が多いかどうかについて確認しておきましょう。例えばグレインフリーと言っても成長期の犬に適したものや高齢期の犬に適したものなど様々です。例えば成長期の犬に高齢期に適したドッグフードを与えてしまうと栄養不足になる可能性もあるので、グレインフリーと言っても愛犬に適したものが販売されているかについて確認しておくといいでしょう。

また、添加物の使用についても確認をしておきましょう。通販サイトで購入する際には確認不足で購入してしまうことがあります。例えば穀物が使用されていなくても添加物が使用されていることがあります。添加物は犬にとっても悪影響を及ぼす恐れがあるので、健康的な生活を送らせてあげたいと思うなら添加物の有無についても必ず確認しておくといいでしょう。

ドッグフードはグレインフリーなら何でもいいの?

ドッグフードは近年犬の健康を考えて作られているものが多くなっているので、グレインフリーを選んでおけば間違いないと思っている人も多いでしょう。しかし、穀物が使われていなければ何でもいいわけではありません。様々な種類があるので選び方が重要です。ここでは選ぶときに必要な情報について紹介します。

まず1つ目は動物性たんぱく質が豊富に含まれているかどうかについて考えておきましょう。例えばグレインフリーとしているドッグフードの中でもあまり動物性たんぱく質を使用していないものも存在しています。高齢期に関しては少し抑える必要がありますが、成長期などに関しては特に動物性たんぱく質は多く含まれているドッグフードの方が健康的だと言われています。その為、グレインフリーの中でも動物性たんぱく質が含まれているかについてはしっかりと確認しておくといいでしょう。

また、2つ目はコスパも重要です。グレインフリーと言ってもそれぞれ価格は異なります。選ぶときに考えておきたいのが毎日続けられる価格かどうかです。経済的に続けられなくて毎回ドッグフードが変わるとなると犬の食いつきも悪くなってしまう可能性があります。その為、続けられる価格かについても見極めましょう。

グレインフリーのドッグフードを選ぶ利点とは

穀物類が犬の身体にとってあまりよくないものということは先ほど説明しましたが、では実際にグレインフリーのドッグフードを与えることでどのような利点があるのでしょうか。ここではこれから購入を考えている人のためにも利点について説明します。

まず1つ目は先ほども少し話しましたが、アレルギーの対策に繋がるということです。穀物類はアレルギーの原因になるものが多く含まれていますが、グレインフリーのドッグフードには穀物類が使用されていないものがほとんどです。その為、例えばトウモロコシや小麦などが含まれていることはなく、基本的には肉類が中心のドッグフードになります。アレルギーで悩まされることも少なくなるので魅力的です。

続いて2つ目は食いつきがいいということです。本来、犬は肉食系なので穀物類よりも肉などを多く含んでいる食事を好みます。人間は肉ばかり食べていると健康的にもよくないので犬も肉ばかりはよくないと思う方がおり、こういった方は穀物類を与えてしまうことがあります。人間と犬の食事は別で、犬は肉を中心にした方が健康的ということを知っておきましょう。もちろん体調や高齢期の犬に関しては肉ばかりではいけませんが、基本的には肉類を多く含むドッグフードを与えると健康的にもいいですし、食いつきもいいと言われています。

ドッグフードで考えたい穀物のこと

ドッグフードは近年、犬の健康を考えて作られているものが多く存在しており、その中でも人気なのがグレインフリーと呼ばれているドッグフードです。そもそもグレインフリーとは何かということですが、簡単に言うと穀物不使用のドッグフードです。穀物を使用していないドッグフードですが、そもそも穀物は犬にとってどのような悪影響を及ぼすのでしょうか、まずは穀物が良くないと言われている理由から説明します。

まず1つ目の理由は太る原因になるからです。穀物類なので肥満にはならないのでは?と思っている人もいるでしょう。しかし、穀物類は身体の中で分解されると最終的には砂糖と同じ形態の糖質になります。人間でも糖質を多く摂取すると肥満になることがあり、それが原因で様々な病気のリスクを高めてしまうことも考えられます。穀物類は意外と肥満の原因になるとされているので、よくないと言われています。

続いて2つ目の理由はアレルギーの原因に繋がるからです。例えばドッグフードを食べていたらアレルギー反応が出たという経験をしたことがある飼い主もいるのではないでしょうか。これは穀物類が原因になることが多く、例えば含まれる小麦などは人間でもそうですが、犬でもアレルギーになる可能性が高い食べ物でもあります。アレルギーになると湿疹や皮膚病に繋がり、治りにくくなるのでこれらの症状を防ぐためにも、こちらで紹介するような基準でドッグフードを選ぶ方がいいでしょう。