ドッグフードで考えたい穀物のこと

ドッグフードは近年、犬の健康を考えて作られているものが多く存在しており、その中でも人気なのがグレインフリーと呼ばれているドッグフードです。そもそもグレインフリーとは何かということですが、簡単に言うと穀物不使用のドッグフードです。穀物を使用していないドッグフードですが、そもそも穀物は犬にとってどのような悪影響を及ぼすのでしょうか、まずは穀物が良くないと言われている理由から説明します。

まず1つ目の理由は太る原因になるからです。穀物類なので肥満にはならないのでは?と思っている人もいるでしょう。しかし、穀物類は身体の中で分解されると最終的には砂糖と同じ形態の糖質になります。人間でも糖質を多く摂取すると肥満になることがあり、それが原因で様々な病気のリスクを高めてしまうことも考えられます。穀物類は意外と肥満の原因になるとされているので、よくないと言われています。

続いて2つ目の理由はアレルギーの原因に繋がるからです。例えばドッグフードを食べていたらアレルギー反応が出たという経験をしたことがある飼い主もいるのではないでしょうか。これは穀物類が原因になることが多く、例えば含まれる小麦などは人間でもそうですが、犬でもアレルギーになる可能性が高い食べ物でもあります。アレルギーになると湿疹や皮膚病に繋がり、治りにくくなるのでこれらの症状を防ぐためにも、こちらで紹介するような基準でドッグフードを選ぶ方がいいでしょう。